【DS】女神異聞録デビルサバイバー レビュー

女神異聞録デビルサバイバー
発売元 アトラスオフィシャルサイト
発売日 2009/01/15
価格 5,229円(税込)
レーティング 【B】12歳以上(CERO について)
ショップ/リンク Amazon
タギングトップ3    
タイトル概要 シミュレーションRPG

スコアボード

女神異聞録デビルサバイバー評価ランク
総合ポイント
81
難易度
2.67
レビュー数
112

スコアチャート 女神異聞録デビルサバイバーレビューチャート


0%
0-9
0%
10-19
0.9%
20-29
1.8%
30-39
3.6%
40-49
3.6%
50-59
9.8%
60-69
25.9%
70-79
31.3%
80-89
23.2%
90-100
【60点以上】
90.2%
【標準偏差】
14.27

ユーザーレビュー


185人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィックス 音楽 熱中度 満足感 快適さ 難易度
3pt 4pt 3pt 3pt 2pt 4pt 1pt
総合点
60pt

GOOD!

複数チームを作って戦うが、チームごとに戦略をしっかり決めたほうが楽なので、それに沿った編成などを考えてプレイできる。
プレイヤーに、万能に強いユニットがいないため(レベルの上げすぎは除く)、戦い方を考えてプレイしなければならない。
戦闘画面と同時に敵や味方のステータスを見られるので、戦略が立てやすい。

キャラグラフィックは個人的には好きです。ヨザカルも好きですし。新しいシリーズなんだから、新しいデザイナーでって言うのに賛成です。

ストーリーは優秀。最近ペルソナ4をやったが、あれよりは、悪魔を使わなければいけない状況なのがわかりやすい。

BAD/REQUEST

とりあえず合体関係のことを。

全体的にボリュームが少ない。一匹だけいる例外を除くと、Lv65前後で全ての悪魔が作れてしまう。ラスボス戦でそのくらいのレベルになるので、二週目の楽しみが少ない。
また、種族によっては、一番強いものでもレベル50以下というのもある。
悪魔の数も少ないし

検索も、自分が持っている悪魔同士の合体結果だけを表示してくれれば十分。検索で全て見えてしまうので、新しい悪魔を仲間にしたときのドキドキ感がない。

検索で強い悪魔のレシピを探す→オークションで材料を買う→合体 という流れ。
買った悪魔に愛着がまったくわかない。強い悪魔を簡単に作れる。

ソウルハッカーズからメガテンシリーズに入ったので、いろいろ物足りなさを感じる。グラフィックは使いまわしでも良いので、悪魔をもっと増やして欲しい。

ルート分岐で、特定のルートをクリアしないと作れない悪魔が何匹かいるのに、それ以外の悪魔は一週目で必要なため、軒並み作り終わっている。二週目は、イベントスキップと、惰性の戦闘の繰り返し。



そのほかには

せっかくマルチエンディングで、登場人物がたくさんいるんだから、一周では絶対に見られないイベントを増やして欲しかった。(こっちにいったら、あっちがボーン)制限時間付きで一日を過ごしている緊張感が薄い。

先頭の強さより、フィールドの機動力のほうが大事な戦闘が多い。

全体的に不完全燃焼。広範までに盛り上がったのはいいが、そこで途切れている感じ。もっと二週目以降を意識してほしかった。

COMMENT

一周で終われば超秀逸なゲーム。
今までのメガテンシリーズと思ってプレイすると、いろいろなところで痛い目を見ます。

自分はこのゲームのためにDSを買ったので、他のDSのゲームとの比較は出来ないので、参考程度に思ってください。

合体とか、仲間を増やすのが簡単なので、メガテンシリーズをやったことのない人には、ちょうどいいと思います。

あと、怒ったユズのグラフィックがめっちゃ怖い。一周しかしてないけど、全キャラの中で一番の殺意がこもってそう。目が赤いからかな?

続編が出たら即買います。

プレイ時間:10時間以上20時間未満(クリア済)
たっくんさん [2009/02/18 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ


199人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィックス 音楽 熱中度 満足感 快適さ 難易度
5pt 5pt 3pt 4pt 5pt 5pt 3pt
総合点
91pt

GOOD!

(※非メガテンファンです)
従来の「メガテン」というと、どうも一見さんお断りというか、重厚過ぎて素人には手が出しにくいイメージがありましたが。DSというライトなハード向けに、そこから「悪魔の合体」と「戦闘」という美味しい要素だけが見事に抽出されています。

システムはシンプルで判りやすい。しかし同時に奥深い。悪魔の合体も「検索」があるおかげで攻略本に頼らなくて済むのが非常に嬉しい。しかし二段・三段合体、スキルの継承なども考え始めると平気で1時間くらい悩める。戦闘も、如何に悪魔の特性を活かして、相手の弱みを突くかを考えるように仕掛けられていて戦略性が高い。中毒性も強く、ついつい止め時を見失って熱中してしまう。

ひとつひとつのアクション(戦闘・合成)は数分?十数分で終わるのでとてもテンポがいい。インターフェースも練りこまれており、非常に快適にプレイできる。戦闘中でもいつでも中断セーブ可能なゆとり仕様。まさに携帯ゲームのお手本。

グラフィックが良い。悪魔のデザインは有名デザイナー(私は知らない)だそうですが、フィールドのドット絵も非常に細かい動きまで書き込まれていて見事!悪魔の(マップシンボル)デザインにはドット絵師の執念すら感じました。

タイトルとイントロの音楽が秀逸。サントラが欲しくなった。

バッドエンドからハッピーエンドまで幅広いマルチエンディング。主人公は神様にも悪魔にもなれる。卑怯者にも。結末の判断をプレイヤーに委ねてくれるRPGは最近では珍しい。

強烈な裏ボスの存在。単にレベルを上げるだけでは決して勝てない。打倒○○の為に、悪魔の構成からスキルの選択、戦術まで、ここまで悩んだのは久しぶり。何度も全滅を繰り返したあと、ようやく倒した達成感も含めて、非常に楽しい時間でした。

BAD/REQUEST

タイトルとイントロ「以外」の音楽が駄目。楽曲自体はそれ程悪く無いかも。でも使い方が下手!折角のシーンを盛り上げ損ねている。曲数も少ないような気がする。

マルチエンディングであって、マルチストーリーではないところ。全ての話を確認するのに5週する必要があるが、話の大筋はほぼ同じでエンディングだけ異なる感じ。いかに引継ぎ要素、隠しボスがあっても、流石に5週は飽きます…。

上と関連しますが、マルチエンディングなのにセーブがひとつしか持てないこと。無理矢理、周回させるような仕様は如何なものか。

ユズルートのエンディングの内容が酷すぎる。なにかと臆病、でも健気な彼女はお気に入りでしたので、あの内容はショックでした…。

COMMENT

「非常に丁寧に作られた良いトコ取りの傑作」だと思います。注文をつけるとしたら、1.もう少しダイナミックなマルチストーリーにして欲しかった 2.感動して泣けるようなシーン、演出が欲しかった。くらいでしょうか。ゲームとしては十二分に面白いので、贅沢な注文ですけどね。

「メガテン」だから、「難しそうだから」と敬遠している方。損してますよ!是非 プレイして見てください。
もちろん、続編(シリーズ化)希望します。

プレイ時間:60時間以上100時間未満(クリア済)
saruさん(Webサイト) [2009/02/18 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ


210人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィックス 音楽 熱中度 満足感 快適さ 難易度
4pt 4pt 2pt 5pt 4pt 5pt 3pt
総合点
84pt

GOOD!

全体的に良い作品だったと思います。
ストーリー分岐によるマルチエンディングも1つクリアすると他の章もクリアしたくなった。
すべての章をクリアするのにはとても時間がかかりました。

悪魔の数が多いので、DSのRPGではとても楽しむことができました。
COMPがDSの形をしているのも良い発想だったと思いました。
ただ、悪魔全書がないのが残念・・・

BAD/REQUEST

他の方々も言っていることなのですが、

・音楽があまりよくない。
今まで発売してきた女神転生シリーズと比べると、ギター?中心でイヤホンで聞いていてもうるさいだけだった。今までの神秘的な音楽はどこへ行ったの?ってくらい。
あと、DSだから仕方ないかもしれないけれど音質が悪い気がする。

・戦闘システム
タクティクス形式で最初は面白かったけれど、ストーリーが進むにつれて、人を守りながらの戦闘が増えてしまったのは残念だった。もう少し気楽に戦闘させてほしい。

COMMENT

今までやったDSのゲームではとても面白かったです。
これから先もアトラスのゲームに期待したいとおもいます!

プレイ時間:30時間以上40時間未満(クリア済)
えぬつぅさん [2009/02/18 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ











サイト情報


お知らせ
Switch mk2(Switchゲームレビューサイト。皆さまの投稿お待ちしております!)
2019/04/14更新 (2019/04/13投稿分まで掲載)
超科学脱出 ギア・ディテクティブ

2019/04/09更新 (2019/04/08投稿分まで掲載)
超科学脱出ストーリー ~絶海の豪華客船~

2019/04/04更新 (2019/04/03投稿分まで掲載)
まわしてつなげるタッチパニック

2019/04/02更新 (2019/04/01投稿分まで掲載)
@SIMPLE DLシリーズ Vol.14 THE 脱出ゲーム ?裏切りの密室?

2019/03/30更新 (2019/03/29投稿分まで掲載)
花と太陽と雨と -終わらない楽園-

2019/03/26更新 (2019/03/25投稿分まで掲載)
ペルソナQ2 ニュー シネマ ラビリンス
モンスターハンター ストーリーズ
Another Time Another Leaf -鏡の中の探偵-

2019/03/22更新 (2019/03/21投稿分まで掲載)
アゲイン FBI超心理捜査官
ラストウィンドウ 真夜中の約束

2019/03/13更新 (2019/03/12投稿分まで掲載)
ファイアーエムブレム無双

2019/03/10:レビュー募集を開始しました!
毛糸のカービィ プラス

2019/03/03更新 (2019/03/01投稿分まで掲載)
TRICK DS版 隠し神の棲む館
ガリレオ
研修医 天堂独太

2019/02/15更新 (2019/02/14投稿分まで掲載)
赤川次郎ミステリー 夜想曲 本に招かれた殺人

2019/02/09更新 (2019/02/08投稿分まで掲載)
エルミナージュII DS Remix ~双生の女神と運命の大地~

2019/02/08更新 (2019/02/07投稿分まで掲載)
いかもの探偵 -IKATAN-

2019/02/05更新 (2019/02/04投稿分まで掲載)
真・女神転生 DEEP STRANGE JOURNEY
ルーンファクトリー4
内田康夫DSミステリー 名探偵・浅見光彦シリーズ「副都心連続殺人事件」

2019/01/30更新 (2019/01/29投稿分まで掲載)
光の4戦士 -ファイナルファンタジー外伝-

2019/01/28更新 (2019/01/27投稿分まで掲載)
ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル リング・オブ・フェイト

2019/01/27更新 (2019/01/26投稿分まで掲載)
金田一少年の事件簿 悪魔の殺人航海

2019/01/24更新 (2019/01/23投稿分まで掲載)
ペルソナQ2 ニュー シネマ ラビリンス
オレのせんとうき

2019/01/20更新 (2019/01/19投稿分まで掲載)
探偵 神宮寺三郎 GHOST OF THE DUSK

2019/01/17更新 (2019/01/16投稿分まで掲載)
ポケットモンスター ウルトラサン/ウルトラムーン

2019/01/14更新 (2019/01/13投稿分まで掲載)
世界樹の迷宮X(クロス)
探偵 神宮寺三郎 復讐の輪舞

2019/01/05更新 (2019/01/04投稿分まで掲載)
世界樹の迷宮X(クロス)

2018/12/31更新 (2018/12/30投稿分まで掲載)
世界樹の迷宮X(クロス)
探偵 神宮寺三郎DS 赤い蝶

2018/12/17更新 (2018/12/16投稿分まで掲載)
デジモンストーリー 超クロスウォーズ ブルー/レッド

2018/12/12更新 (2018/12/11投稿分まで掲載)
トコトコネコパズル シュレディンガーの箱庭

2018/12/10更新 (2018/12/09投稿分まで掲載)
ネコ・トモ
STELLA GLOW(ステラ グロウ)

2018/11/30:レビュー募集を開始しました!
ペルソナQ2 ニュー シネマ ラビリンス

2018/11/25更新 (2018/11/24投稿分まで掲載)
ドラゴンボールヒーローズ アルティメットミッション2

2018/11/23:レビュー募集を開始しました!
ネコ・トモ

2018/11/12:レビュー募集を開始しました!
ルイージマンション

2018/10/31更新 (2018/10/30投稿分まで掲載)
戦国無双 Chronicle 2nd

2018/10/21更新 (2018/10/20投稿分まで掲載)
きらりん☆レボリューション なーさんといっしょ

2018/10/09更新 (2018/10/08投稿分まで掲載)
ボクらの太陽 Django&Sabata

2018/10/08更新 (2018/10/07投稿分まで掲載)
BIOHAZARD THE MERCENARIES 3D(バイオハザードザマーセナリーズ 3D)

2018/10/01更新 (2018/09/30投稿分まで掲載)
ソニック ラッシュ

2018/09/20更新 (2018/09/19投稿分まで掲載)
探偵 神宮寺三郎DS 伏せられた真実

2018/09/17更新 (2018/09/16投稿分まで掲載)
とびだせ どうぶつの森