このソフトのレビューを書く

【3DS】真・女神転生IV FINAL レビュー

真・女神転生IV FINAL
発売元 アトラスオフィシャルサイト
発売日 2016/02/10
価格 6,998円(税込)
レーティング 【C】15才以上対象 (CERO について)
ショップ/リンク Amazon
タギングトップ3    
タイトル概要 ■ ジャンル:RPG
■ プレイ人数:1人

スコアボード

真・女神転生IV FINAL評価ランク
総合ポイント
77
難易度
2.69
レビュー数
16

スコアチャート 真・女神転生IV FINALレビューチャート


0%
0-9
0%
10-19
0%
20-29
0%
30-39
6.3%
40-49
6.3%
50-59
6.3%
60-69
43.8%
70-79
31.3%
80-89
6.3%
90-100
【60点以上】
87.5%
【標準偏差】
11.07

ユーザーレビュー


403人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィックス 音楽 熱中度 満足感 快適さ 難易度
4pt 3pt 3pt 2pt 2pt 2pt 2pt
総合点
48pt

GOOD!

すれ違いがネット接続で可能になった点。いまさら感が非常に強いが、アトラスのスタッフが、自分たちのソフトはせいぜい10万本のオーダーでしか売れないことに向き合い、ユーザーの利便性を向上させようとしたことは評価したい。ただし、「こういう機能が必要なのはソウルハッカーズ以降全部だろ」というツッコミは必要だが。
久々に○○○がラスボスとして登場したのも、オールドファンとしてはうれしかったかもしれない。ただし、後述するBADな点がPS版メガテン2と被るので、メガテン2以来のラスボス登場が悪夢につながっているような印象を持ったことも確か。

BAD/REQUEST

バグ、バグ、バグ、それに尽きる。序盤から終盤まで、いたるところでフリーズ発生。3DSの初期画面までリセットされてしまうこともあった。ここまでバグがひどいのは、上述のPS版メガテン2以来と思う。バグフリーズがどこで発生するか予測できないので、セーブしていないと数時間分のプレイがパーになることもあり、熱中度、満足度、快適さを著しく損なってしまっている。バグ修正のパッチ?も配信されたが、それを適用しても全く改善は見られなかった。
アトラスのQAチームはいったい何をやっているんでしょうね。クレジットにはでかでかと名前を出していたようだけど。

COMMENT

「なってねえ、全くなってねえなあ、アトラスのQAチームは」と、錦糸町のマスターならおっしゃるでしょう。バグの山のソフトを平気で売りに出すという、ユーザーの信頼を裏切るようなことをするのは、ある意味アトラスのお家芸(PS版メガテン2が代表例)ではあるけれども、それによってユーザー離れが起きているということを、もっと深刻に考える必要があるでしょう。
ペルソナ5で今回と似たようなことが起こったら、アトラス終了ですよ。まあ、それを認識しているのか、しっかりバグをとるために?発売延期が続いていますけれどね。QAチームの方は、まじめにお仕事に励んでください。

プレイ時間:60時間以上100時間未満(クリア済)
メガテンは1からやってますさん [2016/05/07 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ


396人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィックス 音楽 熱中度 満足感 快適さ 難易度
3pt 3pt 3pt 3pt 2pt 4pt 2pt
総合点
58pt

GOOD!

戦闘面のテンポの良さ、バランスなどが良い。
単純に悪魔を仲間にして合体させてパーティー構成を考えたりするのが楽しい。

ダンジョンもギミックは割りと豊富な方でした。

どこでもセーブ可能。どこでも悪魔合体可能。アプデすれば難易度選択は5段階に選べる。

モブキャラを除けば大体フルボイス。

マルチエンディングでボリュームは結構は長い。大体40時間くらいでクリアしました。

BAD/REQUEST

個人的にはシナリオがあまり面白くありませんでした
序盤まではまだよかったんですが、中盤付近からは先が読めてしまうシナリオとかワンパターン展開という印象がありました。2種類のエンディング両方とも普通だなぁって印象です。絆ルートはなんでラスボスを倒しにいくのかなんというか曖昧な印象もありました。もっと絶望的でダークなシナリオを期待していたのですが、世界観、設定の割りには緩く優しいシナリオだったのが残念でした。

ヒロインの格好がださい、どこのゲームにもいそうな無難な性格な上に見た目がださいのでは、良い印象としてはほぼ残らない。

ダンジョン探索中にトラップが不意に発動する→ボタン連打で解除できる
ボタン連打をミスるとダンジョン内のどっかに飛ばされてしまう。
という面白くもなんともないトラップシステムが面倒でしかない。

防具を装備すると見た目に反映されるのですが、ださい服がやたら多いのが謎でした。勿論そういう服もあってもいいとは思うのですが、多すぎる印象です。

よくこのゲームの欠点としてでてくる、ラストダンジョンの長さですが
長いというよりはめちゃくちゃ迷う感じで、自分はめんどくさくなったので攻略サイトでMAPを見ながらプレイしました。
最短ルートで中ボスなどを倒してラスボスにたどり着くまで大体50分程度でしたが、そういった情報無しで進むなら3時間以上はかかるんじゃあないかと思います。流石にあんな入り組んだMAPにしなくてよかったと思います。 ラストダンジョンの一つ前のダンジョンもそこそこ長かったので、結構だれてきます。

COMMENT

戦闘面は期待通りで面白かったのですが、シナリオやキャラクターは正直微妙だなぁって感じです。

女神転生はもっと奇妙で暗い感じの方がいいと思います。

プレイ時間:40時間以上60時間未満(クリア済)
カミゴロシさん [2018/02/28 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ


395人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィックス 音楽 熱中度 満足感 快適さ 難易度
2pt 3pt 3pt 4pt 3pt 4pt 2pt
総合点
66pt

GOOD!

※メインストーリー追ってクリアーだけすれば良いわ
という点に立ってレビューしてます

前作後半を舞台に外伝的な主人公と後付のストーリーを加えたという感じの本作ですが、20-30時間遊ぶ分には十分面白いです。
なんといっても3DS下画面のMAPに、次の目的地を表示してくれるようになったのが良いですね。

不評だった一部悪魔のモデリングが修正されたのも良い。特にナパイア。

BAD/REQUEST

※メインストーリー追ってクリアーだけすれば良いわ
という点に立ってレビューしてます

MAPと登場キャラが前作と被るので、前作の主人公が過度によいしょされる結果、序盤は侍uzeeという感覚に満たされます。
比較的最初の方で主人公周りの人達が虐殺されるんですが、あまりにも序盤で早く殺されすぎてしまい全く感情移入ができない。
ポンとすぐ人が死ぬあたりは、デジタルデビルサーガっぽいダークさを感じてワクワクしました。
・・・が、だんだんペルソナ3-4の雰囲気になっていって、お友達と一緒に頑張ってるというなんとも軽いノリになっていくのが、非常に不快でした。

悪魔合体などのやりこみ要素も前作通りですが、前作やってるなら正直、かったるいだけです。雑魚戦闘は魔力と速さに特化して、マハンマ覚えさせた主人公が居ればどうとでもなります。
ボス戦闘は店売りの属性攻撃石で事足ります。基本的に四属性スキルの習得は序盤~中盤以外必要ないです。

wikiや攻略サイトでは敵からマッカを巻き上げる「ファンド」というスキルが役に立つとされてますが、ぶっちゃけ終盤でない限り、大した金額を得られません。シバブーで動けなくして1回1,000マッカ程度なので、クリアーしたいだけの人は取る必要全くないです。

COMMENT

面白かったけど、あまりにもダークさが欠けている。ペルソナの空気に流れてしまった4の外伝。私からの評価はそんな感じですね。

プレイ時間:30時間以上40時間未満(クリア済)
外道と愉快な仲間達さん [2016/02/28 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ


514人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィックス 音楽 熱中度 満足感 快適さ 難易度
4pt 3pt 3pt 3pt 4pt 4pt 1pt
総合点
72pt

GOOD!

【移動関連の操作性改善】
操作性が前作に比べ、大幅に改善されていて好印象。
特にワールドマップ、3Dマップ内の移動に関する操作性が向上し、ストレスは最小限になりました。
かなり早い段階でアプリでダメージ床を回避できる、エストマをかけておけば他は何も操作しなくても戦闘回避できる、ワールドマップの現在地と目的地がわかりやすくなった点はありがたかった。

【個性豊かなパートナーキャラたち】
前作で好きだったノゾミさんが使えると聞いて嬉しかったんですが、彼女参戦以降もどんどんパートナーが増えていってあっという間に大所帯に(笑)。
こんなにぞろぞろ歩いてて潜入ミッションなんて大丈夫なんだろうかと思いました。
一緒に行動していくことで、それぞれ立場の違う若者たちの成長が見られて楽しかった。
ストーリーを進めていくとパートナーキャラからたびたびメッセージがもらえるのも良かった。
主人公を励ましてくれたり、他の仲間には明かさない本音をこっそり明かしてくれたり、仲間に愛着がわきますね。

【声優さんの演技が素晴らしい】
ダグザの冷静でありながら裏に秘めた熱さや憤りを感じさせる台詞、クリシュナの妖しげでまとわりつくような台詞が印象深いです。
あと特にボス悪魔たちの前口上がいい意味で大仰でもったいつけた感じで実にいいですね。
舞台を意識した台詞回しということらしいんですが、これから特別な者たちと戦うんだぞ!とテンションがあがります。
普通に生活をしていたらまず聞いたことのない言葉もあったりして、それに関してハレルヤが「あれって意味分かった?」なんて言ってるのも楽しかったです。

【前作ゲストデザイナー悪魔のリファイン】
前作では、作風の違うデザイナーさんたちの悪魔をそのままゲーム内に使用したことで壮絶にちぐはぐな印象を受けたものですが、今回はキャラクターデザイナーの土居さんによって描き直されています。
その結果違和感が少なくなったのはとても良かった。
デザイン自体は変わっていないのに、ちゃんと統一感が出るんですよね。

【アイテムの説明が楽しい】
前作は東京の文化をまったく知らないサムライが主人公のため、遺物を回収するとまるっきり見当違いの面白い説明が見られたものです。
今回は人外ハンターである若者から見た説明になっていて、例えばパソコンでキーボードで打つのが年寄りの特技になっているのがわかったり、身近な道具を武器や防具や怪我の応急処置に使っていたり……。
新しい遺物を得るとこれは東京ではどういう風に使うんだろうと確認するのが楽しみでした。

【クエストから垣間見られる東京の人々の暮らし】
主人公が人外ハンターとして東京に生きている人物だからか、前作よりさらに身近で生活感のある依頼が多かった気がします。
クエストで出会う東京の人たちから、日々を一生懸命生きている人々の姿が浮かび上がります。
陽の光は当たらないし地上は悪魔だらけ、毎日が死と隣り合わせの絶望的な状況でも、人間はちゃんと笑って泣いて食べてたくましく生きている。
また一方で、過去の人間の過ちが主人公たちの時代にまで長く影を落とし、それについていよいよ決着をつけなければならなくなる……なんてこともあり。
こういうことは現実世界でもよくある話ですよね。
あの東京は決して現在の東京とは無関係ではないのだなと思わされます。

【ラスボス直前のある悪魔との戦いからエンディングの流れ】
実に熱いです、素晴らしい!
これを見るためにここまで頑張ってきたんだなという気持ちになりました。
4をやったことのある方はぐっときたのではないでしょうか。
特にラスボス戦、真シリーズをやり続けてきた方はより痛快だと思います。
あそこまで描いてしまって、制作関係者は闇討ちにあったりしないだろうかとちょっと心配になりました(笑)。

BAD/REQUEST

ここは致命的というような悪い点はほとんどないのですが、いくつか気になった点はありました。

【パートナーたちの怒濤の攻撃がキャンセルできない】
私は悪魔との交渉はまず周りの悪魔を一掃してから行うのですが、いざ交渉しようとしたら彼らの攻撃が発動してしまって、うっかり倒してしまった……ということがよくありました。
オートで発動しないよう途中でキャンセルできたらなおよかったですね。

【レベルがカンストするのが早すぎる】
レベルアップがすさまじく楽なのであっという間に99レベルになってしまう。
そうなるとレベルアップによる全快はできなくなるので、ちょっと面倒ですね。
あれならもう125レベルとかあっても構わないんじゃないかなあ。

【ラスダンが長すぎる】
アプリの効果もありほぼ戦闘は回避できますが、その分だだっ広い空間をひたすらもくもくと走り回ることになります。
その上ここの悪魔は交渉に応じないのでやることが少なくなり、余計にダレがちに。
そして滅茶苦茶広いので、マップ上の空白を埋めるのが一苦労。ほんの片隅だけ1ドットくらい踏んでいないところがあったりして、マッピング病の私にはかなりの苦行でした。
条件がそろわないと開かない扉もあり、さすがに最終的には踏破を諦めました……。
別ルートのエンディングも見たいですが、このラスダンにまた挑むのかと思うとためらいますね……。

【ストーリー展開が唐突で雑なところがある】
今のシーン、誰もおかしいと思わないの?とか、逆に今になって何でそこが問題になるの?というところが序盤にいくつかあるのが気になりました。
ここでこのキャラの台詞があっても良さそうなのに、何故言及なしなんだろう?なんてところも。
またラスボスの存在を提示されたときには、それってやっても大丈夫なの?と思いました。
この辺り前作もそうでしたが、何故そうなったのか事前に説明がもう少しほしかったですね。

【仲間の描写がちょっと足りないところがある】
本作ではロウとカオスではなく、ニュートラルルートの複数の可能性を描いています。
そのため、これまでの真シリーズと違い、かなり人間寄りの描写が多く感じました。
しかし、仲間とか絆というわりにはキャラの掘り下げが甘いところも。
(特にノゾミさん関連はもうちょっと描写が欲しかった。)
とはいえ、真シリーズである以上はこれくらいがちょうどいいのかも……、とも思います。
ペルソナシリーズなみに人物描写が濃くてもそれはそれで何だか違う気がしますから、この辺のさじ加減は難しいですね。

COMMENT

真シリーズはPS版1、2と、3、ノクマニ、SJ、そして前作の4プレイ済みです。
今作は「対立」(イージー)モードで一回クリアしました。

前作真4の正統進化。若干ストーリー展開が単調で甘いところがあるものの、操作上のストレスが少なく遊びやすくなっているのはとても良い。
これならメガテン初心者も安心してできるのではと思います。
実際、私はイージーモードでやってみたら、全滅が一番最後あたりに一回きりだったですからね……。
序盤の難易度が高くて大変だった前作がウソのようです。
とはいえ、これはやっぱり前作をやった方がずっとわかりやすいし、よりいっそう楽しめると思います。
あの未来も良かったけれど、この未来も良かったと前作経験者ほど感慨深く思うのではないでしょうか。

本作の神様たちは非常に自分勝手に人間を振り回します。
しかし、その実神様を振り回しているのは人間の方ではないのか?
前作はロウとカオスのねじれがテーマらしいですが、今作は神と人との関係のねじれがテーマなのかもしれない。
そんな風に考えたゲームでした。

プレイ時間:60時間以上100時間未満(クリア済)
うみさちさん [2017/02/20 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ


308人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィックス 音楽 熱中度 満足感 快適さ 難易度
3pt 3pt 3pt 4pt 4pt 4pt 2pt
総合点
74pt

GOOD!

総じて4から進化している印象でした。
特に大きく調整された点として以下の二つを挙げます。

■バトル

特に「ニヤリ」による追加効果発動が、
ぶっ壊れスキルとバランス調整に一役買ってます。
3の時の楽しいプレスターンバトルが帰ってきた感じ。
むしろそれ以前のハマムド無双まで帰ってきたような気もしますが、
即死付加のダメージ系魔法にしたのは良かったと思います。
ボス戦でも破魔呪殺が輝く!

■探索

目的地表示や、単純にフィールドマップが見やすくなったこと、
毒フィールド回避アプリ、低レベル敵避けアプリの追加。等々。
非常に快適になっています。
4は『悪魔がぽつんと居て、意味ありげな一言を話すだけ』という建物が多すぎて、
「あー、このクエスト、どっかでそれっぽい話聞いたけどどこだっけかなぁ……」
と言うのが、大きなマイナスポイントの一つでしたが、すっきりしてたので満足でした。

そもそもRPGの大部分が、この二つで占められてます。
そこがきっちり楽しめる、ストレスを感じさせないような調整が入っているのは、
凄く評価出来ると思います。

BAD/REQUEST

■住民との会話

せっかく聞き逃しがなくなるような調整が入ったものの、
肝心の内容が場所によって画一的。
序盤はフリンは凄いぜー。ばかり。
中盤からは襲われたー。家族がやられたー、うわー。系列の話ばかりで、
後半はめんどくさくなって聞かなくなってしまいました。

■フリーズ

会話中に一度遭遇しました。
全体魔法を使った後等にも、一瞬固まることがあります。
なまじ止め時のないゲームだけに、動作の不安定さはちょっと怖いです。

■トラップホール

ストレスしか感じない仕様です。なくして構わなかったのでは……。

■ストーリー

パートナーシステムの導入により、割と大所帯になります。
掛け合いにもメガテンってよりペルソナ系列の和気藹々な雰囲気が感じられ、
アルカディアとか赤玉みたいな
記憶に残るようなトラウマイベントがなかったのが残念。

■ラストダンジョン

物語を締めくくるダンジョンが広大なのは良いことですけど、
広すぎるのはヒドイです。
効率よく進めても”移動時間だけ”で30分ぐらい走らされるんじゃないでしょうか。
せっかく楽しめてたのに、ココが一番萎えました。

COMMENT

4をそんなに楽しめなかった自分ですが、FINALはとても楽しく遊べました。
ライト層からやり込み層まで楽しめる、とても完成度の高いゲームだと思います。
寝る間も惜しんでゲームする感覚なんて本当久しぶりでした。

ただ、ボスくらいは3Dモデルで統一しても良かったんではないでしょうか。
なまじ、動くボスを採用したが為に、一枚画の方を寂しいと感じてしまいました。
次回作こそは是非是非、据え置き機にて、
もっと進化したメガテンをお願いしたいです!

プレイ時間:30時間以上40時間未満(クリア済)
ぼじょさん(Webサイト) [2016/02/20 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ




レビュー投稿フォーム

【3DS】真・女神転生IV FINAL
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

「真・女神転生IV FINAL」の”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

  • どんな人にも向いている
  • プレイヤーで好みが分かれるソフト
  • ファンを対象としているソフト
  • 初心者でも無理なく楽しめるソフト
  • 女性を対象にしたゲーム
  • 昔のプレイヤーを対象とにしているソフト
  • キャラクターが魅力的
  • リアリティな演出
  • ストーリーがよく練られている
  • ゲームのシステムが優れている
  • 爽快感抜群でストレス発散できる
  • ユーザー同士で楽しめる
  • 緊張感のあるゲーム
  • 対戦が燃える!
  • 自分の好きなように遊べる
  • 攻略情報を参照してプレイすると楽しめる
  • 細かい操作が求められている
  • 続編物で前作のプレイを推奨
  • オンラインが楽しめる
  • やればやるほど隠された楽しさが出てくる
  • 手先よりも頭を使うゲーム
  • 少しの時間で楽しめる(息抜き)
  • 長い時間楽しめる(やり込み)
  • 特に秀でたところはない…

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。













サイト情報


2020/12/01更新 (2020/11/31投稿分まで掲載)
NARUTO -ナルト- 忍列伝

2020/08/31更新 (2020/08/30投稿分まで掲載)
チャリ走 DX

2020/08/24更新 (2020/08/23投稿分まで掲載)
星のカービィ ロボボプラネット

2020/08/21更新 (2020/08/20投稿分まで掲載)
PROJECT X ZONE

2020/08/09更新 (2020/08/08投稿分まで掲載)
ハイキュー!! Cross team match!
偽りの輪舞曲
遊戯王 ナイトメアトラバドール

2020/07/21更新 (2020/07/20投稿分まで掲載)
初音ミク and Future Stars Project mirai
電波人間のRPG
ハココロ
トモダチコレクション

2020/07/12更新 (2020/07/11投稿分まで掲載)
3次元エアホッケー

2020/07/08更新 (2020/07/07投稿分まで掲載)
メタルマックス4 月光のディーヴァ
世界樹と不思議のダンジョン
牧場物語 キミと育つ島
たまごっちのプチプチおみせっち ごひーきに
1500 DS Spirits Vol.10 囲碁

2020/07/05更新 (2020/07/04投稿分まで掲載)
New International ハイパースポーツ DS

2020/06/26更新 (2020/06/25投稿分まで掲載)
NARUTO -ナルト- 疾風伝 最強忍者大結集5 決戦!“暁”

2020/06/14更新 (2020/06/13投稿分まで掲載)
Hey! ピクミン
いきものづくり クリエイトーイ
解放少女
RPGツクールDS+
イナズマイレブン3 世界への挑戦!! スパーク/ボンバー
レーダーウォーシリーズ 軍人将棋
スティッチ!DS オハナとリズムで大冒険
たまごっちのプチプチおみせっち

2020/06/11更新 (2020/06/10投稿分まで掲載)
真・女神転生 DEEP STRANGE JOURNEY
エースコンバット 3D クロスランブル +
だるめしスポーツ店
Girls Mode 4 スター☆スタイリスト
みんなのポケモンスクランブル
ルーンファクトリー 新牧場物語
ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊
わがままファッション ガールズモード
ダン←ダム

2020/06/10更新 (2020/05/20投稿分まで掲載)
真・女神転生IV FINAL
探偵 神宮寺三郎 GHOST OF THE DUSK
ポケモンピクロス
とびだせ どうぶつの森
ペルソナQ2 ニュー シネマ ラビリンス
新 絵心教室
トモダチコレクション 新生活
1500DS spirits Vol.2 将棋
ウィッシュルーム 天使の記憶
探偵 神宮寺三郎DS 伏せられた真実
探偵 神宮寺三郎DS きえないこころ
ディズニー・フレンズ

2020/03/06更新 (2020/01/03投稿分まで掲載)
G.Gシリーズ 超ヒーロー皇牙2
閉ざされた病棟 -DEMENTIUM II-
直感ヒトフデ
デジモンストーリー サンバースト/ムーンライト
レイトン教授と不思議な町

2019/12/31更新 (2019/12/30投稿分まで掲載)
ドンキーコング リターンズ 3D
ぷよぷよテトリス
真・女神転生 STRANGE JOURNEY
HOSHIGAMI

2019/10/29更新 (2019/10/28投稿分まで掲載)
ゼノブレイド

2019/09/29更新 (2019/09/28投稿分まで掲載)
デモンズブレイゾン 魔界村 紋章編

2019/09/10更新 (2019/09/09投稿分まで掲載)
アッコでポン!イカサマ放浪記

2019/09/07更新 (2019/09/06投稿分まで掲載)
Girls Mode 4 スター☆スタイリスト

2019/08/18更新 (2019/08/17投稿分まで掲載)
ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

2019/08/07更新 (2019/08/06投稿分まで掲載)
NARUTO -ナルト- 最強忍者大結集4DS

2019/08/02更新 (2019/08/01投稿分まで掲載)
パズドラクロス 神の章/龍の章
スローンとマクヘールの謎の物語