とびだせ どうぶつの森

発売元: 任天堂オフィシャルサイト 発売日: 2012-11-08 価格: 4800(税込) レーティング: 【A】全年齢 (CERO について))
タイトル概要

中央値: 71 Amazon点数: 4.5

スコアーボード

とびだせ どうぶつの森レビューチャート 標準偏差 17.17 難易度 1.79 mk2レビュー数 29
0%
0-9
0%
10-19
3.4%
20-29
6.9%
30-39
17.2%
40-49
10.3%
50-59
10.3%
60-69
37.9%
70-79
13.8%
80-89
0%
90-100

ユーザーレビュー

(デフォルトは中央値近順)
231人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィックス 音楽 熱中度 満足感 快適さ 難易度
4pt 4pt 4pt 4pt 4pt 2pt 4pt
総合点
74pt

GOOD!

「作る」ことに重点を置いたゲーム設計。趣味程度ながら、自分の村を夢見で見知らぬ誰かに公開できたり、フレンドにガイドをしながら見せ歩いたり、色々と楽しみ方が用意されています。それらは自分で遊んでみて初めて気が付く要素なので、より楽しみが深まります。
Proデザインでオリジナルの服や帽子をデザインしてファッションショーのような真似事もできます。
またこの他に、従来通り図鑑やカタログのコンプリートに精を出したり、村の美化に尽力したり等々。
自分だけのスタイルを追及できることがこのゲームの売りであり肝です。それがゲーム性として確立されているところが魅力であると言えます。
村は四季に応じて景色が変化します。出現するアイテムにも変化があります。住民も多種多様で、可愛い子から個性的な子まで、まさしくよりどりみどり。どれを選ぶかはあなた次第。好みで埋めるもよし、ちょっと変わった容姿で揃えるもよし。最もプレイヤーの個性が出るポイントだと思います。選ぶ楽しさがあるのはいいものです。
ランダムマッチングに対応したオンラインの島へ行けば、フレンドではない誰かとも遊ぶことができます。出会いの機会を用意してくれたのは嬉しい限りです。

BAD/REQUEST

主に長所を殺す欠陥が多いことがこのゲームの難点です。
その筆頭が通称“引っ越しテロ”と呼ばれるイベントで、施設や障害物と隣合ってきない限り、どこにでもお構いなしに住民が引っ越してくる為、せっかくの村の景観が破壊されてしまい、住民との出会いが楽しめなくなるというマイナスが発生します。
裏技を使わない限り回避が不可能な為、厄介な仕様です。しかも裏技を使用すると、折角四人までプレイヤーが登録できるのに、その四人目が登録不可になるという、ゲーム性の否定が起こるので、遊びにくくなります。
この他、非売品の種数に対し、収納できるアイテムの数が少ない故に、非売品を部屋のインテリアとして使えなくなることや、配信アイテムの多さ故に、カタログのコンプリートが実質不可能なこと等々、障害が多く、プレイの幅を狭めてしまっているのが残念でなりません。
特に通信要素にこのゲームは頼り過ぎており、オンラインの島にしか現れないアイテムがあったり、果ては海外版専用のソフトと通信する必要があったり、オフラインでは完結できず、消化不良になってしまうのは頂けません。
そして、通信要素に頼ってる割には、獣道という、プレイヤーが茂みの上を通る度、その茂みがハゲ地と化していくという仕様が為に、長時間プレイすら否定される始末で、ストレスが溜まります。
その他操作性に難があり、過去作と比べ改悪が目立ちます。
マイデザインの制作画面ではDS版でできた十字キーでのデザインができず、メニュー画面ではやはりDS版でもできた十字キーでのアイコン操作ができず、更にタンスやボックスではゲームキューブ版ですらできたアイテムをまとめて出し入れする動作ができず、ボタンでは反応が悪い為に、自然タッチ強要の操作となる訳ですが、その割にメニューを開くと待機状態になるのは相変わらずで、リアルタイムに並行操作できるならまだしも、そういう訳でもない為意図が読めず、嫌がらせとしか思えないのが正直なところで、理解に苦しみます。
ツアーの開始時や店員とのやりとりでよく目にすることになる長い定型文を飛ばせないことも不満。
折角の出会いの場であるオンラインの島は治安が悪く、任天堂も放置の状態。このオンラインの島へはオフラインの島に於いて会員証を入手することで渡れる訳ですが、その為にはメダルと呼ばれる島でのみ使える専用通貨を約一時間かけて目標の枚数まで稼ぐ必要があり、これがとにかく面倒。
あまりに不便なことが多く、過去作さらの改善点があまり見らない為、プレイ意欲の妨げになっているのが致命的。
一日にできることが少ないことも、ゲームの評価を落としています。そして過去作と比べ、とにかくロードが遅い。部屋の出入りだけで10秒以上。仕方のないことなのでしょうが、ツアー中はロードに構わず時間経過することもあり、やはり障害になっています。

COMMENT

毎作不満が頻出する本シリーズですが、それでもダウンロード版を購入しておけばよかったと後悔する程楽しんでおり、この奇妙な面白さはまさに任天堂ソフトの真骨頂と言えます。
仲の良いフレンドができたこともありますが、何より不思議な魅力に溢れており、同じような性格の住民達が何故か個性溢れたキャラクターに見え、そんな世界観をたまらなく好いています。
このゲームはプレイヤーの年齢層が広く、下は園児から、上はお年寄りまでまさに万人向けに特化したタイトルです。
それだけ沢山の消費者を引き付ける魅力があるということです。
一度プレイしてみて損はないと言えます。

プレイ時間:100時間以上(クリア済)
ラフレシアさん[2013-05-28 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

202人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィックス 音楽 熱中度 満足感 快適さ 難易度
4pt 4pt 3pt 4pt 4pt 3pt 2pt
総合点
75pt

GOOD!

・前作までのコトブキに代わり、今回は主人公が村長の立場に就く事になるのですが、
村長の権限で出来る事はどれも魅力的で、様々なオブジェを設置して村を彩ったり、「条例」で住民や店の活動時間を変えたり出来る。

・以前は床に家具を置くくらいで、家の外観も屋根の色を変えられる程度でしたが、
今回は壁掛けの家具が登場した上、ドアや屋根等を付け替えられる等、家全体を好みにアレンジする事が出来る様になりました。
更に一部の家具も、新しく登場した施設により別の色やマイデザインに変える事が出来る様になり、
より自分好みの部屋の可能性が高まったと言えます。

・新動物は、ユニークなものから純粋に可愛らしいものまで非常に個性的(特にチャスが可愛い)。
性格も良くなっており、過去作の様に頼み事を断っても落ち込んだり怒ったりせず、
前作のチワワの様に人に不快感を与えるNPCもいない。
新登場のキザ系やアネキ系も個性的で、時折時代を反映したセリフが出てくるのも良い。
仕草や行動も生活感が大幅に増していて、以前は主人公だけだった水遣りや草毟りをしたり、
アポなしで家を訪問してきたり、別の動物の家にいたり、商店街の各施設にいたりと挙げたらキリがない。
主人公も、会話によっては自らリアクションを取るので感情移入が出来ます。また声のパターンも増えています。

・猿の駅員さん、犬のおまわりさん、カモメの水兵さんのジョニー、船頭に戻ったカッパのカッペイなど、
64?GC版のプレイヤーにとっては懐かしい一部キャラクターの復職。
特におまわりさんは、個人的に「門番さん」が受け入れられなかったため、復職してくれて一番良かったと思います。
今後もこの路線であって欲しいですね。

・商店街は村の住民だけでなく、村を引っ越していった動物が遊びに来る事がある上、
CLUB444、夢見の館と言った営業時間の長い(あるいは24時間営業)施設が前作よりも多く、
夜間のプレイヤーにとっても嬉しい(「BAD」で書いた点と矛盾しているかもしれませんが)。
特に夢見の館と夢番地のお陰で、フレンドでない人にも村を簡単に見せられるようになったのが嬉しい。

・時間ごとのBGMは、朝方を初め19時等好みな曲が多いです(一番好きなのは64?GC版のBGMですが……)。
とたけけの新曲は豊富で質も良く、更に既存の曲も含めてアルバムがデザインされ、家具として飾れるのが良いですね。

・3DSならではの立体感ももちろん、四季や時間帯、天候等による空気感や質感の表現が素晴らしい。
動物達も地味にフェルトの様な可愛らしい質感になっています。
主人公達の頭身が変更された事は賛否両論かもしれませんが、
私としては以前よりも可愛くなっていると思えるし、ファッションの見栄えの為にも正解だったと思います。

・シリーズ通して不満だった、主人公が会話の際に手持ちの道具を仕舞う点が一部改善(スコップや斧は仕舞う)。
更に水遣りした花からは水が滴り、その後も水遣りのサインとして光り続けるため、ガーデニングが快適になりました。
カタログも50音順になった上に続けて注文出来たりと使いやすくなりましたし、
以前は4つまでだったリアクションも全て覚えられる様になり、コミュニケーションもしやすくなっています。

・GC版にあった島が復活。島は雰囲気も良いですが、年中夏の虫や魚が捕れるのでベルに困らされる事が少なく、
ツアーも多人数でやれば一段と盛り上がる物が揃っています。
またキャンプやかまくらも復活しており、その中の動物を村に呼べる様になったのがとても嬉しい。

・今まで増える事がなかった主人公の顔のパターンがようやく増えた。

・果物や花の種類が増え、竹や低木の登場もあって村をより彩れる様になった。
また特産物が「おいしい果物」になるシステムが追加されたお陰で、以前は絶滅させていた特産物も育て甲斐があります。

・収納家具に虫や魚を収納出来るようになった上、
収納家具がなくてもそれと繋がる駅のコインロッカーに収納出来るのがとても便利。
その上他の村でも収納した物を取り出せるため、カブの売却やプレゼントが容易になりました。

・街森では削除されてしまった、動物の写真、動物の誕生日パーティ、流れ星へのお祈りの復活。

・テレビの家具で見られるテレビ番組が増えており、有名な番組を連想させる物などどれも面白い。

・主人公のリアクションに動物などが反応する、手紙がいっぱいだとポストが暴れる、
木を切り倒すと稀に年輪が特殊な模様になるなど小ネタも満載。

BAD/REQUEST

のめり込む程面白いゲームではありますが、それだけに不満も目に付いてしまいます。

・何と言っても、おいでよ?街へいこうよで削除された動物が殆ど復活していない事。
特にキットが復活していないのは残念でなりません……
復活動物のチョイスも正直微妙で、羊で一番人気のあったアクリルも復活していません。
とにかく全員復活させてほしかった。それと幽霊のゆうたろうも続投してほしかった。

・相変わらず初詣、お花見、運動会等はなく、ハーベストフェスティバル等の海外向けのイベント主体で残念。
内容も、ハーベストフェスティバルは主人公一人が食材を集めさせられるだけで、
全てのご馳走が完成しても住民と持ち寄って食べる様なシーンはなく、全然面白くありませんでした。
64?GC版の様に、主人公だけでなく動物も生き生きと動いてくれるイベントを入れて欲しかったです。

・今作は住民の家が建つ立て看板がなく、住民が引っ越してくる場所が分からない上、
木や花の場所でもお構いなしに引越してくるせいでせっかくの村作りが楽しみづらいし、
新しい住民が来る楽しみも、どの場所に引っ越してくるか等の懸念のせいで薄くなった。

・主人公が星座によって、運が悪い日に転んだりおならが出る様になる要素は不要です。
面倒な対策を行わなければ虫を逃がしたりと実害も多く、鬱陶しいだけで面白味を感じませんでした。

・今回も村が狭く、住める動物の数も9人?10人と少ないので閉鎖的な感があります。
公共事業もあるのですし、GC版並みに広くして欲しかった。

・条例が登場した影響か、通常は12時間にも満たない営業時間の施設が多いです。
眠らない村の条例でも大半の店は12時までに閉まってしまい、正直物足りない。

・今回家具が大幅に増えたものの、それでもGC版の+に比べて和風の家具が少ない
(枯山水の壁と床はあるのに庭石や手水鉢はないままで、畳が非売品で鏡餅すら配信家具扱い)。
シックシリーズのデザインはGC版の方が良かった。また、シックな食器棚や飾り棚を削除しないで欲しかった。
電話の家具も少なく、特に黒電話がないのが不満です。

・せっかく服が上下に分かれたのに、デザイン出来るのはトップスとワンピースのみなのが残念。
また製作中は上画面に完成予想図が表示されますが、常に横に回転しているため見づらく、
止めるにはLかRボタンを押し続けなければなりません。常時静止、Lで左回転、Rで右回転が良かった。

・夢見で行った村で出来る事が少ない。アイテムも普通に持ち込めず、ハニワくんからの貸出なのも疑問。

・動物に話しかけてウインドウが出るまでの間がやや長い(GC版ではすぐに出てくる)。セリフが出るまでの間が長い事もある。

・チャットでは相変わらず漢字が使えず、建物を出入りしている間はメッセージが届かなくなってしまう上、ログが残らない。

・フレンドの人に自分の村から手紙を送る事が出来なくなった(非常に残念。お陰で連絡も取りづらくなった)。

・仕立て屋、博物館のBGMが基本的に前作の使い回し(喫茶店はアレンジされているのに)。
これらの施設は以前もBGMが変更された事があるので、今回も新しいBGMになる事を期待していたのですが……
特にクリスマスイブのBGMが街森のアレンジの流用なのが残念でした……64?GC版の方を使うか、新曲にしてほしかった。

・GC版の様に手紙を纏めて選択出来ない。未開封の手紙を捨てられるようにしてほしい。
後、同じ「室内」なのに手紙を捨てられたり捨てられなかったりするのが意味不明。

・前作から気になっている事ですが、魚の動きに違和感(浮きに向かっていったと思ったら通り過ぎていくとか)。

・今回もメニューの背景を服のデザインに変える事が出来ない(おい森以前の作品では全部出来たのに)。

・通信中に村メロを変える事が出来なくなった。後、いい加減村メロを半音も使える様にして欲しい。

・オルゴール版も良いけど、「e+」の様にライブ版のミュージックも欲しかった(ライブ版の方が好きな曲も多いので)。

・かつて村にあったボールや、池の蓮も復活してほしかった。

COMMENT

どうぶつの森シリーズは+から経験しており、現在も時々e+をプレイする者の観点で評価しました。
GC版からの削除や変更の多いDS版とWii版のどうぶつの森は個人的に受け入れられず、特にWii版は不満が多く楽しめませんでしたが、
今回はGC版のプレイヤーにとって懐かしいキャラクターの復職や一部要素の復活、
純粋なグラフィックや住民の行動パターンの進化、殆ど代わり映えしなかった前作とはうってかわって数多の新要素等、
久々に好ましい「どうぶつの森」を遊べたと思います。
ただ、やはり64?GC版にあった馴染み深いイベントの数々と、削除されたままの動物達が気掛かりです。
これらの復活と、住民の引っ越しの仕様が良ければ「満足感」は5だっただけに、非常に残念。
ただそれ以外の不満は補えるレベルであり、過去作の経験のある方、シリーズ初体験の方にも勧められる作品です。

   
プレイ時間:100時間以上(未クリア)
忍さん[2013-01-10 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

Amazonレビュー

レビュー者: nagio レビュー日: 2016-11-09
どうぶつの森シリーズ初プレイです。
合計して700時間程度プレイしましたが、非常に奥深く、丁寧に作ってあり色々な楽しみ方ができる作品だと思います。

どうぶつと話し、公共事業に取り組み、花に水をやり、虫を採り、魚を釣り、南の島でサメも釣り、化石を掘り、ハニワも掘り、ジョニーを引っ叩いて、オリジナルデザインの服を縫い、人の家のだらしない家具を羨望の眼差しで見つめていると、いつのまにか時間が過ぎています。
カブに手を出す、どうぶつたちの写真収集、オリジナルデザインで通路や水路を作る、好みの住人に自分の好きな服を着せてみるなど、やればやるほど更にやることが増えていくゲームです。
夢番地コードで他の方々の村に行けるので、コンセプトを持った村をガッツリ作るのも楽しいです。

住人も多彩で全てのキャラクターを見るのはほぼ不可能でしょう。
ただ、多様なキャラクターがいるのに性格と日常の会話がやり込めばやり込むほど見慣れたものになってくるのは、仕方がないとはいえ少し残念に思えました。
テキストデータを小出しにするとか月毎に何か少しでもいいからセリフの変化があると新鮮味があったかもしれません。

一点だけどうしても納得いかないのが、いきなり村のとんでもないところに新住人が引っ越してくる、所謂引っ越しテロです。
村長として理想の村を作り上げているときにそれをやられると、住人には罪はないのですがどうしても怒りを覚えずにはいられません。
さっさと追い出そうとする気持ちすら生まれます。
次回作ではせめて場所をある程度指定させて頂きたい。せっかくの新住人を気持ちよく迎えさせて欲しいです。

ともあれ、村という箱庭の中にこれでもか!というぐらいギュウギュウに色んな要素を詰め込んだ作品なので、人それぞれの楽しみ方が出来る素晴らしいゲームだと思います。
■スポンサーリンク

アクセスランキング

モンスターハンター3(トライ)G
ハンティングアクション、プレイ人数:1人~4人
■価格:5800
■発売日:2011-12-10

アライアンス・アライブ
■ ジャンル:RPG ■ プレイ人数:1人 ■ セーブデータ数:1(SDカード9)
■価格:6782
■発売日:2017-06-22

ファイアーエムブレム 覚醒
ロールプレイングシミュレーション
■価格:4800
■発売日:2012-04-19

ルーンファクトリー4
ファンタジー生活
■価格:5229
■発売日:2012-07-19

モンスターハンター4G
■ ジャンル:ハンティングアクション ■ プレイ人数:1人(通信マルチプレイ 2~4人) ■ セーブデータ数:3 ■ ダウンロード版:5,990円
■価格:6264
■発売日:2014-10-11

ファイアーエムブレムif 白夜王国/暗夜王国
■ ジャンル:ロールプレイングシミュレーション ■ プレイ人数:1人 ■ セーブデータ数:3 ファイアーエムブレムif SPECIAL EDITION版:9990円
■価格:5076
■発売日:2015-06-25

BRAVELY DEFAULT -FLYING FAIRY-
RPG
■価格:6090
■発売日:2012-10-11

モンスターハンター4
■ ジャンル:ハンティングアクション ■ プレイ人数:1〜4人 ■ セーブデータ数:3
■価格:5990
■発売日:2013-09-14

逆転裁判5
■ ジャンル:法廷バトル ■ プレイ人数:1人 ■ セーブデータ数:2
■価格:5990
■発売日:2013-07-25

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて
■ ジャンル:RPG ■ プレイ人数:1人 ■ セーブデータ数:3
■価格:6458
■発売日:2017-07-29



レビュー投稿フォーム

【3DS】とびだせ どうぶつの森
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

「とびだせ どうぶつの森」の”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。

上へ戻る