このソフトのレビューを書く

【3DS】真・女神転生IV レビュー

真・女神転生IV
発売元 インデックスオフィシャルサイト
発売日 2013/05/23
価格 6,980円(税込)
レーティング 【C】15歳以上(CERO について)
ショップ/リンク セブンネットショッピング
タギングトップ3    
タイトル概要 RPG

スコアボード

真・女神転生IV評価ランク
総合ポイント
65
難易度
2.62
レビュー数
39

スコアチャート 真・女神転生IVレビューチャート


0%
0-9
0%
10-19
2.6%
20-29
7.7%
30-39
20.5%
40-49
10.3%
50-59
12.8%
60-69
33.3%
70-79
12.8%
80-89
0%
90-100
【60点以上】
59%
【標準偏差】
16.83

ユーザーレビュー


216人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィックス 音楽 熱中度 満足感 快適さ 難易度
4pt 4pt 4pt 4pt 3pt 4pt 3pt
総合点
74pt

GOOD!

・オリジナリティ4点について

仲魔システム、LCN(ロウカオスニュートラル)システム、
プレスターンバトルシステム等、このシリーズが事実上創始した
アイディアは数多し。

ただし、この作品単体としてはその進化発展版なので格段斬新な
仕掛けがあるわけではないです(その分、洗練はされている
と思いますが)。

ゆえにシリーズとしてはさらにプラス1点で、
この作品単体としてはマイナス1点かも。

・グラフィックス4点について

3Dダンジョン、特に東京世界の書き込みと取捨選択(実写そのまま
ではなくそれっぽく見せるセンス)は素晴らしいと思いました
(映画『ブラックレイン』の、「闇と霧で異化されたもうひとつの
メガロポリス東京」みたいな感じと言うか)。

戦闘は携帯機の容量の関係か、前作のような3Dポリゴンキャラでは
なく平面ですが、「金子一馬(+α)の画集である」と思えば、
むしろそれに価値を見いだせないこともないかも(サターン版
『ソウルハッカーズ』と当時買った画集の画質の違いに
愕然とした身には、今回の解像度はまさに画集です……若干
小さいけれど)。

あと、グラフィクス5点は据え置き大容量の海外3Dゲームと同じ
土俵では携帯機にはあげられない気がします(余程に斬新な
センスでもなければ)。


・音楽4点について

映画のBGM程には聞き終わった後に耳から去らず、
昔のゲーム音楽程にはメロディアスではなく、中庸です。
個人的にはサントラで買いたいレベルでした。

あと、声優さんは全員素晴らしい仕事だったと思いました
(短い論評ですが他に言いようがない)。


・熱中度3点について

テンポの良さ(レベルの上がりやすさ、ダンジョンの簡略化)
BGM、音声の良さ
読み込み、操作性の良さ等、
ストレスを感じさせる要素が極端に少ない。

メッセージ等、ゲーム展開の微妙な違いに合わせてきめ細かく
変えてある部分も多く、鬼気迫る意気込みを感じました。

BAD/REQUEST

・快適さ4点について

他の方も指摘されていますが
ダメージフィールド゙の無効化手段が無い、
シンボルエンカウントの無効化手段が面倒、
セーブポイント直行手段がない、
等が「アラ」として目立ってしまうというか。

アメとムチのバランスが広い(しんどいけど見返りも大きい)
ゲームが良いゲームであるとするならば、「アラ」として指摘した
部分も「アメ」として用意しておく、という選択肢もあったのでは
(他の部分でも書きましたが仲魔に希少な「アメ」として
持たせれば、仲魔の有難味の減衰も補えたような)。

・難易度3点について

他の方も指摘されていますが、戦闘は段々簡単になっていきます。
プレスターンバトルという基本システムは序盤雑魚から終盤の
ボス群まで共通なので、このシステムの大原則、「対策手段の数が
決定的な戦力差となる」に基づき、対策手段の乏しい序盤が
一番全滅し易いわけです。

その分、対策手段の収集がゲームの醍醐味の大きな部分を
占める事になります(嘗てのRPGの金言「新しい武器を
売っていない町は町に非ず」の様に)。

しかし、数値のインフレで終盤まで引っ張れる武器防具と違って、
耐性スキルは差を付けにくい(しかも仲魔システムの制約で
敵雑魚のHPは主人公側と大きな差がつけられず、
数値の幅を出せない)。

結果、中〜終盤入口には主人公側の「最強の布陣」が完成して
しまい、あとの戦闘は消化試合風味となってしまう――これを
補う大きな制約が実は「主人公死亡=ゲームオーバー」だった
わけです。

この制約下ではどれだけ完璧な仲間を備えようと戦闘は万全に
ならないわけで、これが戦闘の緊張感を担保する大きな要因でした
(某世紀末格ゲーに習っていえば「強者と弱者には絶望的な戦力差が
あるが、強者も一瞬の油断やミスであっけなく死んでしまう」
ゲームバランスがメガテンの世界観にもよく
フィットしていたと言うか)。

今回それを(様々な理由はあるでしょうが)撤廃してしまった
ことが、戦闘バランスの「弛緩」を生んだと個人的には思います。

・ストーリーについて

BADの項目に入れてしまいましたが、ストーリーに関しては

・個人の好みの差が大きい
・詳しく触れるとネタバレになる

の二点から、具体的には書きません。
commentの部分に大まかな印象を記したので参照してください。
簡単に言うと

「語られない部分はゲーム内に散りばめられた手がかりから
不完全な形で補完せざるを得ず、それは最初に指摘しておく
べきだろう」
という物です。

COMMENT

・自分の嗜好について

ファミコンの『女神転生』からリアルタイムでやってます
(ペルソナ系は3、4しかやってませんが、ありだと思います)。 
基本、このシリーズのファンなので、あばたもえくぼな意見に
なっている点はあると思います。

三周してナッシングエンドを含む全ルートを回りました
(ダウンロードコンテンツは無し)。

・ゲーム自体について

というか、戦闘について。
仲魔のデータ調整のあたりで制作スタッフが力尽きた感が
ひしひしと伝わってきます(セリフ回りの鬼気迫る作りこみと
仲魔ステータスの適当さは一種ギャップです)。

例えば『不思議のダンジョン』シリーズの肝はアイテムや
モンスター、罠のアイディアではなく、
「それらがどういう進行タイミングで出てくるか」
にかかっていると個人的には思うわけですが、
これはこのゲームでも同様かと。

敵悪魔は主人公側を対処不能な手段で容赦なく攻撃し、
仲魔(アイテム)はそれを見事に打ち破るお助けマンとして現れ、
そして敵悪魔は引き立て役として存分に敗れ去る、
これを短いサイクルあるいは(先読みを加えた)、長いサイクルで
繰り返して快感のリズムを刻む事でプレイヤーに良ゲーだと
思わせる、そういう構成が中後半に終わってしまっているような。

具体的には無効系スキルが手に入る直前には、それに該当する
系統の強スキルを使ってくる強敵悪魔を配置し、プレイヤーの
語り草にするべきだし、強力な仲間が手に入り、無双状態になった
後にはその仲間の弱点を突く悪魔を用意しておき、プレイヤーを
愕然とさせるべきです(魅了の廃止や悪魔耐性の身体・精神部門の
多様性の無さは色々勿体ない)。

今回、仲魔のスキル構成はプレイヤーの任意なったわけですが、
その結果仲間自体は完成されたスキル構成を運ぶためだけの
遺伝子キャリアに堕してしまった感は否めない。

攻撃回数や攻撃属性、バッドステータス耐性をもっと出し入れする
事で仲魔を個性化することは可能だったのではと。

・ストーリーについて

結局このシリーズは円環の物語というか、映画の『寅さん』というか、
ゲームでいえば『ゼルダの伝説』というか。

共通するモチーフや舞台、ストーリー構成を最新の技術や現代の
世相から拾い上げた様々な意匠でその都度「語りなおしている」
作品であると(無限発電炉ヤマトのくだりは嫌でも「アレ」を
類推する)。

かつて岡田耕治氏らがインタビューでかすかに触れていた悪魔合体
技術の来歴や邪教の館の主の正体、スティーブンの目論見や法の神と
の決着がシリーズが進むことで明らかになっていく訳ではなく、
ただただ回り還る(決して答えのない)人間普遍の問いかけを
重ねていく話であると。

そう思えば、これはこれでありかなと個人的には思うわけですが、
「謎やフックで引っ張ったからには最後にそれを明示する義務が
作者にはある」というこれまた至極まっとうな主張を掲げる人から
見れば、いろいろ納得のいかない結末かも。

……円環が螺旋に変わる可能性も見てみたいですが、より大きな
円弧を描いて始まりの場所に連結されるだけ、という可能性の方が
よりはっきり見えてしまry

プレイ時間:100時間以上(クリア済)
kjtsさん [2014/04/21 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ


246人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィックス 音楽 熱中度 満足感 快適さ 難易度
4pt 2pt 4pt 3pt 4pt 2pt 2pt
総合点
65pt

GOOD!

●ストーリー
当初はまぁそれなりといったところでしたが、ある程度進むと真シリーズ恒例の舞台での活動が主となり、その後は何時もの世界観と王道展開なのでファンは違和感無くプレイ出来ると思います。

●仲魔の成長
低レベル帯の悪魔でもスキルを入れ替えてレベリングする事により最後まで戦力として連れ歩く事が出来ます。
HPMPの伸びこそ高レベル帯悪魔に及ばないものの、必要ならばスキルで補え反面ステータスの伸びは良く以前の御霊等の底上げもいらないため低悪魔スキーには有り難いです。

●プレイヤーの成長
仲魔からスキルを教わる事で主人公もそのスキルを使用出来るようになります。
便宜上物理型・魔法型・補助型・回復型といったように好きなスキル構成を組む事が出来ます。

●豊富なクエスト
所謂サブクエストの類いは多くボリュームがあります。

●BGM
女神転生の世界観に相応しい良曲が多いです。

●周回要素
本作も当然ながらマルチエンディング形式になっているため、全属性エンディングを目指してプレイされる方も多いと思います。
二周目からの再スタートはそのまま引継ぎorほぼ1からも選べるので、好みで選ぶ事が出来ます。

BAD/REQUEST

●悪魔絵
伝統の金子絵は新旧揃っておりそこがちょいとアンバランスにも思えますがそこは微々たる事で、真に問題なのが外注絵師の悪魔です。
特に外注悪魔のボス格は最後まで酷いの一言明らかに浮いています、自分はメドューサ戦で暗いシルエットが晴れた瞬間リアルに腰が砕けました。
全部が全部とは言いません。
一般悪魔では悪くない絵もありますし、ミノタウロスは個人的には結構好きです。
だけど要所やラストまでアレはないでしょう。
一気に盛り下がると言っても過言ではなく、何故あれらの絵にGOサインを出したのか理解に苦しみます。

●シンボルエンカウント
今作では敵のシンボルと衝突するか斬りかかる事で戦闘が発生します。
問題となるのが敵の移動速度が軒並み早い事です。
走って逃げれない事はないですが、前方を塞がれていると戦いをまず強要されます。
そのためプレイヤーはシンボルに斬りかかる事で先制攻撃を仕掛けるor防ぐのですが微妙に当て辛いので分かっていたのに敵に突っ込まれて先制される事態も有りがちです。
この面倒な所を避けるために存在するのがエストマソードですが、結局斬りかかる動作が必要な上に外れると更にストレスが貯まります。
またこちらが99レベルでも敵は1レベルだろうが軒並み好戦的なため戦闘が不要な場面でも発生しやすくダルいです。

●プレスターンバトル
真IIIより継承したもので要は弱点属性を攻めると行動回数が増える仕様なのだが上記の敵の移動速度が早い事で、不意を付かれた際に範囲魔法orブレス=全滅が有りがちなパターンになってしまっています。
また後半には一部スキルでドッカン戦闘終了が多く新要素である「ニヤリ」共々生かしきれていないように思います。
このシステム自体は好きなだけにちょっと勿体無い。

●仲魔の個性
良い点にも上げましたが今作は継承縛りもほぼ無いため自由に悪魔をカスタマイズ出来ます。
しかし従来のように悪魔毎に継承縛りや型がある方が個性的な仲魔が作りやすいかもしれません。

COMMENT

個人的には真・女神転生のナンバリングに相応しく楽しめました。
ただ大味気味な戦闘バランスと特に悪魔絵だけは次作があるならマジで何とかして下さい。

それと良く不満点に挙げられるDLCは自分はアリだと思っています。
はっきり言ってどれも普通にプレイする上で不要な内容ですし、火力に関しても充分過ぎる程出せるため課金悪魔のスキルを用いる必要性が有りません。
そもそも本編で使用してもオーバーキルですし、言わばコアファン層向けの要素だと思っています。
稼ぎ用のクエや装備にしてもファンの選択肢の範疇ではないですかね。

プレイ時間:100時間以上(クリア済)
赤らーくさん [2013/10/29 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ


235人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィックス 音楽 熱中度 満足感 快適さ 難易度
4pt 4pt 3pt 4pt 3pt 3pt 3pt
総合点
69pt

GOOD!

タイトルに女神転生とついたシリーズはファミコン時代以来かなと思います
ただ、デビルサバイバー1と2はやったので、それもシリーズに含むのであればそれ以来ということになります

クリアまで30時間強でした

DSや3DSでアトラスのゲームはいくつかやってますが安定感があります
どのソフトも品質の管理がしっかりされていて、目立った欠点はほとんどありません
今作もプレイしていてストレスがほとんどありませんでした

難しいのは、何を長所として挙げれば良いのかという点ですが
他のレビュアーみたいに過去作と比較してどうというのはよくわからないので、他のゲームと比較することになりますが
・かなりのボリューム感
・独特の戦闘システム
・悪魔合体による新しい悪魔の作成
・美麗なグラフィック
・ボス戦の多さ
・バローズアプリ取得の自由度
・何をするにも動作は軽快でロード時間は0、セーブするのも一瞬
といったところでしょうか

BAD/REQUEST

欠点として感じたのは、長所にも挙げた悪魔合体かなと
悪魔合体そのものはワクワク感もあり楽しいのですが、中盤から終盤にかけて、合体させてまで欲しいと思える悪魔が全く出てこず、これならば今使っている悪魔と大差ないというのが続きました
飛び抜けた長所やスキルを持った悪魔が出てくれば、何をおいても合体しようとしたでしょうけど

これが特に問題となった理由は、高レベルのスキルがほとんど価値を持たないこと
長所にも挙げた独特の戦闘システムにより、弱点から外れた上位の魔法を使うよりも、下位の魔法で弱点を突くほうが圧倒的に意味がある

相手の弱点を突くことで味方の行動回数が増えるのですが、極端な話、全員が弱点を突けば、全員が2回行動できます
ドラクエに例えれば、氷が弱点の敵であれば、全員がメラゾーマを使うよりも、全員がヒャドを使ったほうが強い
上位魔法と下位魔法で目立った違いを感じられるほど威力に差はありません
だから、序盤に悪魔合体で氷、炎、風など、いろんなスキルを持たせてしまえば、後は絶対に欲しいと思えるほどの能力を持った悪魔はほとんど出てきません

とはいえたまには出てきます
全体回復魔法を持っていたり、蘇生魔法を持っていたり、反射や万能属性の魔法を持っていたり
そういう悪魔が出てくれば悪魔合体をする価値を感じます
しかし、そんな合体は滅多にないわけで、悪魔の種類の多さの割に、本当に意味があると思える合体機会は少なかった
制作者が悪魔の種類を増やすということに視点が行き過ぎていて、同じような能力の悪魔を作りすぎたんじゃないかとも感じます

全ての悪魔があらゆるスキルを継承できるため、全部の悪魔に同じスキル構成を組むことができるわけで、それも悪魔の差別化を無くし、悪魔合体の価値を落としている理由かもしれません

そういう意味で、もう少し悪魔の特徴に差別化が欲しかった
アイデアとしては
・固定スキル
・種族ごとの特徴
・得手不得手をさらに明確化する
・取得価値の高いスキルを増やす

例えば、種族特有の固定スキルを作るとか
低コストで使える得意スキルがあるとか、逆に全く使えないスキルがあるとか
例えば、炎が苦手な悪魔は炎系のスキルの使用もできないとか、小さい悪魔は物理攻撃ができないとか
そういう風に悪魔の差別化を行うとともにスキルの価値も差別化する
魔法の威力が魔力に依存しすぎているので、もっとスキルそのものの威力に依存するようにする

そういったバランス調整をすることで、より次のランクの悪魔への欲が出てくるのではないかと思います

ついでに言いますと、戦闘においてテトラカーンとマカラカーンの威力がすさまじかったと思いました
ものすごく苦戦するボスでも、この2種類のスキルがあると楽勝すぎるくらい楽勝でした
MPの消費は激しいですが、これらを使える悪魔を2体以上用意して、さらにMP吸収魔法を覚えさせれば、最終盤の万能属性攻撃を使ってくるボスまではどんなボスも完封できます
反射すれば敵にダメージを跳ね返せると同時に、敵のターンの攻撃回数も潰せる
それまでボスに強力な攻撃で2〜3回行動されていたのが、カキーンの1回行動で終わるわけで

まあ、そういう極端な結果になるのがこのゲームの戦闘の特徴なのかもしれませんが

COMMENT

総評としては、十分に面白いです

他の方のレビューに多く書かれていた絵に関するマイナス点はほとんどわかりませんでした
シリーズ初心者みたいな自分としても、確かにメデューサとルシファーには若干の違和感がありましたが、そんなものなのかなと流した程度です
やはりシリーズを通してやっている方たちには思い入れがあるのかもしれませんが

このゲームが他のRPGと大きく違う点があるとすれば、やはり戦闘システムでしょう
ドラクエみたいな普通の2D戦闘ではありますが、キャラが成長するのではなく、プレーヤーが成長することで戦闘が有利になります
レベルアップで強くなって倒せなかった敵が倒せるようになるとかはほとんどありません
武器や防具に関しても同様です
実際、初期装備のままでクリアできますし、最後のほうに手に入る装備を買っても初期装備と差はほとんどありません
装備なんてただの飾りです。偉い人にはわからないかもしれませんが

戦闘を有利にする唯一の方法はプレーヤーの技術です
2周目をやっていますが、引き継ぎは最低限だけにして、1周目と同じような強さで戦ってますが、2周目のほうが遥かに楽に感じます

そういう点を楽しいと思える人であれば、お勧めできます

プレイ時間:40時間以上60時間未満(クリア済)
PIAさん [2014/01/24 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ


173人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィックス 音楽 熱中度 満足感 快適さ 難易度
3pt 2pt 3pt 4pt 3pt 3pt 2pt
総合点
63pt

GOOD!

【世界観&シナリオ】
女神転生シリーズと言えば崩壊した東京を舞台にした神と悪魔の抗争劇と、Low/Neutral/Chaosヒーローのそれぞれのドラマが魅力ですが、今作もそれに沿った内容になっておりシリーズファンにもお勧めできる内容なのではないかと思います。

【プレスターンシステム】
真・女神転生IIIで登場した敵の弱点を突くことで行動回数が増え有利(または不利)になるシステムが採用されています。如何に敵の弱点を突くか、逆に弱点を突かれないように仲魔の耐性を考えるかが面白く、悪魔合体でもその点を最優先で考えるようになるほど熱中できる良システムだと思います。

【DLC(良い点)】
大量のレベルアップアイテムと金(マッカ)を入手できる有料DLCが配信されました。公式チートと揶揄されて叩かれていますが、個人的にはこれは最高にありがたいものでした。お目当ての超高レベル悪魔を作る為だけに何時間も退屈なレベル上げや金稼ぎをするような苦行はしたくなかったので。
(DLCには悪い点もありますので、それはBADに書きます。)

BAD/REQUEST

【防御力の撤廃&大味なバランス】
今作では防御力の概念が無い為、ダメージを軽減する方法は耐性の強化か補助魔法による強化しかありません。その為、ろくなスキルも持っておらずHPも低い最序盤が最も難しく、逆にスキル等が充実してくる中盤?終盤になると途端にヌルゲーになります。

【視点変更ギミックを利用したポイント】
ダンジョン内の特定のポイントでは視点を真上や真下に変えることで段差を昇り降りできるのですが、そのポイントに行く度に視点を変更しなければならないので面倒です。そのポイントにいけばAボタンを押せばオールOKにして欲しかったです。特に終盤のあるダンジョンでは、BOSSのいる場所は目の前(というか足元)なのにどうやったら戦えるのかわからなくてかなり苦労しました。

【シンボルエンカウント&エストマの改悪】
敵の大まかな種族がわかったりするのでシンボルエンカウント自体は別に悪くはなかったのですが、マップ自体が比較的狭く袋小路になっているケースが多い為、恣意的に避けることが余り出来ずメリットを感じづらかったです。
そしてこのシンボルエンカウント形式が受けない最大の理由はエストマの効果改悪だと思います。今作のエストマは武器を振るアクションを敵に当てなければ効果が発生しない為、どんなにレベルの低い敵だろうがアクションが当たらなければ戦闘突入します。また、敵は集団で襲ってくることも多い為、1体を撃退した隙に他の雑魚敵数体が襲ってきて戦闘突入、というケースが必然的に多くなり、無駄な戦闘時間が多くなってしまいます。

【自由すぎるスキル継承が可能な悪魔合体システム】
悪魔合体時のスキル継承は非常に簡素化されており、極一部のスキルを除けば継承制限はありません。その為、どの悪魔でも有用スキルを簡単に継承できるようになってしまい、結果的に悪魔毎の個性はなくなってしまいました。

【世界観にそぐわない新規イラストレーターの採用】
ゲームをプレイするまで新規イラストレーターが採用されていたなんで知りませんでしたので、最序盤のダンジョンで出現するナパイアを見た瞬間に「何だこれ?本当に金子氏が描いたのか?」と落胆したのを思い出しました。
新しく採用されたイラストレーター(韮沢氏)の悪魔のキャラデザのことごとくが金子氏の描く悪魔絵のイメージや質感、センスから激しく逸脱している為、非常に浮いています。金子氏の絵(機械的な造形の天使等)も好みが分かれるところだとは思いますが、韮沢氏の絵はそれ以上に好みが分かれる絵です(万人受けする絵では決してないと思います)。個人的に一番気になったのは、韮沢氏の描く悪魔は「女神転生シリーズの悪魔」ではなく「Wizに出てくるクリーチャー」にしか見えない点です。そうした上でファンには思い入れのある四大天使などの最重要キャラのイラストまで韮沢氏の独特なセンスによる新規イラストに一新されてしまっている為、これが大変残念でした。
新しい風を入れようとか余計なことはしないで欲しかったです。韮沢氏のセンス云々の話ではなく、単純に選択ミスだと感じました。

【DLC(悪い点)】
とても有料で配信するほどの価値があるとは思えないようなものから、最初からゲーム内に入れておいて然るべきものまで様々ですが、どれもユーザーを舐めているとしか思えません。ゲーム中で出てきた重要キャラの四大天使を仲魔にしたければDLCを買えとは何ですか…。しかも2分割にして配信するとか意味わかりません。
アトラス親会社のインデックスが粉飾決算で倒産しましたが、少しでも利益出す為にアコギな商売を始めたんですかね。コアなファンが多いシリーズだとは思いますが、そんなファンを狙い撃ちにして食い物にしようとする浅ましさに正直辟易しました。

COMMENT

新規イラスト採用による重要キャラのガッカリ感&違和感やアコギな有料DLC配信など、シリーズファンとしては許容しがたい点もありましたが、総評としては十分面白いゲームだと思います。

アトラスの今後がどうなるのかわかりませんが、是非次作を作って頂けるよう願っています。

プレイ時間:100時間以上(クリア済)
ケマポンさん [2013/07/10 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ


210人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィックス 音楽 熱中度 満足感 快適さ 難易度
4pt 4pt 3pt 4pt 4pt 3pt 3pt
総合点
75pt

GOOD!

女神転生シリーズは真2やデビルサマナーなど少々かじった程度です。

○オリジナリティ
「東京を舞台にした神と悪魔と人の物語」「悪魔と交渉して仲魔にする」「悪魔合体で強力な仲魔を作る」とシリーズでは定番ですが他のゲームでは味わえない本当に独特の世界観とシステムはやっぱり素晴らしいです!
近作は戦闘で弱点を突くか突かれるかで戦局が一変するバランスとなっており、レベルが高くても弱点を突いて上手く立ち回れば勝てるし、また同じように負けるときもあるとい極端なバランスになっています。
これがけっこう緊張感があり、こちらの弱点属性の攻撃を受けると敵が連続攻撃をしかけられるようになり1ターンで全滅させられるなど当たり前という、面白いシビアさですv
もちろん逆にこちらもそれができるのでパーティ構成やスキル構成を考えて挑めば強いボスを完封することもできます。
またそういう極端な難易度の救済策として「どこでもSAVE」「全滅してもお金(orゲームコイン)で復活」など気軽に遊べるシステムも搭載されていて親切設計になっています。
シビアなバランスでもやり直しが簡単なので何度でも挑戦できる、というゲーム設計になっていてとても良かったです。

○グラフィック
2Dのクラシカルな対面式戦闘の王道RPGですが、グラフィックの演出はとても綺麗です。
スキルごとにトドメ演出が変わっていてそれがけっこう派手で爽快感があります。
2Dでもこういう演出次第で見栄えが良くなり爽快感も出るというのは工夫してあると思いました。
あとはやはり東京のグラフィックが素晴らしいです、まさに東京でした!
実在する東京をポリゴンでとても上手く再現されていると思います。
あと真女神転生2などでは地下街と言えばただ壁があるだけのダンジョンみたいでしたが、あれをちゃんとグラフィック表現すると真4のようになるのだなと納得させられるものでした。
地上が人が住める状態ではないから地下街を築く、という納得いく設定をグラフィックで良く表現してくれていると思います。

○音楽
ロックテイストというか真2を彷彿とさせるような音楽だったと思います。
場所ごとの音楽はとても雰囲気に合っていてよかったです。

○満足度
ストーリーもかなりの量ですがそれに加えL・N・Cと3つルートがあり、それぞれEDがあるのでボリュームかなりのものです。
魅力的なキャラクターたちと予想外の展開・深く語られないけれど断片的に語られ想像を膨らませてくれる設定などとてもとても面白かったです。
ルートとしてはやはりNルートを最後のクリアすべき、まさに真4のメインだったと思います。

BAD/REQUEST

○東京のマップ
わかりづらいです。東京の地理に詳しい人はわかるのかもしれませんが、そうでない人には目的地がすぐにわかりません。
大体の位置がわかっても通れない道などがありどこをどう遠回りしていけば目的地に行けるのか探し回ることになります。
せめて一時停止してマップを細かく見られるようにしてくれればと思いますが、それができないためマップを見ている間に敵に襲われたりとイライラすることもありました。

○エストマソード
自分より弱い敵をスルーできるスキルなのですが、これが「自分より弱い敵を攻撃すると戦闘せずにする」というもので、本来は快適に探索などができるスキルのはずなのにいちいち攻撃しないと戦闘回避できないなど使い勝手はとても悪いです。
終盤になると戦闘する必要のないザコが増えるのに敵は襲い掛かってきてとても面倒でした。

○悪魔検索
合体検索はそこそこ使いますが、細かく設定できるわりに使い勝手がいまいち悪いというかよくわからないです。

○悪魔デザイン
一部のメインどころの悪魔デザインがかなり過去作から変わっていて印象が違い過ぎる上にイメージと合わないなど違和感がありました。
個人的には四○使やリ○スがグロい化け物デザインになっていること、あとヤマ○タケルがなぜか仮面ライダーになっているのは???でした。
あと本当に個人的なことですがサルタヒコが出ないのは不満でした!

○ルート分岐
Nルートこそメインストーリーであり、これをクリアしないと4の全景が見えてこないと思うのですが、このNルートに入るのがとても難しいです。
L・Cルートは選択肢を偏らせればいいだけなのですが、Nルートは中道を維持しつつ最後のL・Cルート選択前にほどよく逆側に偏らせておいて選択肢はまたその逆を選ばないとNルートに入れません。
攻略サイト無しではちょっと難しいです。

COMMENT

日本屈指のRPG制作会社アトラスの看板にして渾身の一作だけある本当によくできたRPGでした!

昔のRPGの良さを残しつつ、新しいシステムなどを取り入れて現代的に。
難易度は高くしても快適さを失わず救済策も自然と入っている。
そして神と悪魔と人間の三者三様のあり方を描くところは、まさに女神転生らしいと思いました。
個人的にやはりNルートの展開はとても良かったです。日本の神様はやっぱり世界最高にイカした神様たちですwビバ必殺の霊的国防兵器!国防というところがたまりませんw

歯応えのある難易度、残酷で独特の世界観、自分好みの仲魔編成、と女神転生らしさを維持しつつRPGとしても一級品の出来だと思います。
世界観と悪魔合体に抵抗が無ければRPG好きならばやって損なし!なのは間違いないと思います。

Nルートをクリアして、今ら5が楽しみです。・・・でも5は出るのでしょうかね(^^;

プレイ時間:100時間以上(クリア済)
yudayaさん [2013/07/21 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ




レビュー投稿フォーム

【3DS】真・女神転生IV
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

「真・女神転生IV」の”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

  • どんな人にも向いている
  • プレイヤーで好みが分かれるソフト
  • ファンを対象としているソフト
  • 初心者でも無理なく楽しめるソフト
  • 女性を対象にしたゲーム
  • 昔のプレイヤーを対象とにしているソフト
  • キャラクターが魅力的
  • リアリティな演出
  • ストーリーがよく練られている
  • ゲームのシステムが優れている
  • 爽快感抜群でストレス発散できる
  • ユーザー同士で楽しめる
  • 緊張感のあるゲーム
  • 対戦が燃える!
  • 自分の好きなように遊べる
  • 攻略情報を参照してプレイすると楽しめる
  • 細かい操作が求められている
  • 続編物で前作のプレイを推奨
  • オンラインが楽しめる
  • やればやるほど隠された楽しさが出てくる
  • 手先よりも頭を使うゲーム
  • 少しの時間で楽しめる(息抜き)
  • 長い時間楽しめる(やり込み)
  • 特に秀でたところはない…

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。













サイト情報


お知らせ
Switch mk2(Switchゲームレビューサイト。皆さまの投稿お待ちしております!)
2018/12/12更新 (2018/12/11投稿分まで掲載)
トコトコネコパズル シュレディンガーの箱庭

2018/12/10更新 (2018/12/09投稿分まで掲載)
ネコ・トモ
STELLA GLOW(ステラ グロウ)

2018/11/30:レビュー募集を開始しました!
ペルソナQ2 ニュー シネマ ラビリンス

2018/11/25更新 (2018/11/24投稿分まで掲載)
ドラゴンボールヒーローズ アルティメットミッション2

2018/11/23:レビュー募集を開始しました!
ネコ・トモ

2018/11/12:レビュー募集を開始しました!
ルイージマンション

2018/10/31更新 (2018/10/30投稿分まで掲載)
戦国無双 Chronicle 2nd

2018/10/21更新 (2018/10/20投稿分まで掲載)
きらりん☆レボリューション なーさんといっしょ

2018/10/09更新 (2018/10/08投稿分まで掲載)
ボクらの太陽 Django&Sabata

2018/10/08更新 (2018/10/07投稿分まで掲載)
BIOHAZARD THE MERCENARIES 3D(バイオハザードザマーセナリーズ 3D)

2018/10/01更新 (2018/09/30投稿分まで掲載)
ソニック ラッシュ

2018/09/20更新 (2018/09/19投稿分まで掲載)
探偵 神宮寺三郎DS 伏せられた真実

2018/09/17更新 (2018/09/16投稿分まで掲載)
とびだせ どうぶつの森

2018/08/27更新 (2018/08/26投稿分まで掲載)
忍スピリッツ 真田獣勇士伝

2018/08/21更新 (2018/08/20投稿分まで掲載)
ポケモン不思議のダンジョン マグナゲートと∞迷宮
テイルズ オブ ザ テンペスト

2018/08/03:レビュー募集を開始しました!
メイド イン ワリオ ゴージャス
世界樹の迷宮X(クロス)

2018/07/17:レビュー募集を開始しました!
進め!キノピオ隊長

2018/07/13更新 (2018/07/12投稿分まで掲載)
クマ・トモ

2018/07/11更新 (2018/07/10投稿分まで掲載)
怪盗スティナと30の宝石

2018/07/04更新 (2018/07/03投稿分まで掲載)
ロックマンX2

2018/07/01更新 (2018/06/30投稿分まで掲載)
名探偵ピカチュウ ~新コンビ誕生~
ショベルナイト
ファンタジーライフ LINK!
Ever Oasis 精霊とタネビトの蜃気楼
大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒險-
大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-
キューブクリエイターDX

2018/06/30更新 (2018/06/29投稿分まで掲載)
すみっコぐらし むらをつくるんです

2018/06/29更新 (2018/06/28投稿分まで掲載)
メダロット ガールズミッション カブトVer./クワガタVer.
スカイランダーズ スパイロの大冒険
スナックワールド トレジャラーズ
ドライバー:レネゲイド 3D
メダロットDUAL カブトVer./クワガタ Ver.
FINAL FANTASY EXPLORERS( ファイナルファンタジーエクスプローラーズ)

2018/06/28更新 (2018/06/27投稿分まで掲載)
名探偵ピカチュウ ~新コンビ誕生~
パチパラ3D 大海物語2 パチプロ風雲録・花 希望と裏切りの学園生活
カービィ バトルデラックス!
ヨッシー New アイランド
Girls Mode 4 スター☆スタイリスト
FabStyle
超回転 寿司ストライカー The Way of Sushido

2018/06/27更新 (2018/06/26投稿分まで掲載)
ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて
星のカービィ ロボボプラネット
新・ロロナのアトリエ はじまりの物語 ~アーランドの錬金術士~
牧場物語 ふたごの村+
ニコリの数独3D 第二集 ?8つのパズルで1000問?
Ever Oasis 精霊とタネビトの蜃気楼
NEWラブプラス+
マリオ&ルイージRPG1 DX

2018/06/26更新 (2018/06/25投稿分まで掲載)
パイロットウイングスリゾート
ファイアーエムブレムif 白夜王国/暗夜王国
かわいいペットとくらそう! わんニャン&アイドルアニマル
ファイアーエムブレム 覚醒
たのしく・おもしろく 漢検小学生
ドラえもん のび太の宝島
わんニャンどうぶつ病院 ペットのお医者さんになろう!

2018/06/25更新 (2018/06/24投稿分まで掲載)
フューチャーカード バディファイト 誕生!オレたちの最強バディ!
美容師デビュー物語 トップスタイリストをめざそう!
メダロット クラシックス カブトVer./クワガタVer.
ザ・デッドヒートブレイカーズ

2018/06/24更新 (2018/06/23投稿分まで掲載)
探偵 神宮寺三郎 復讐の輪舞
ザ・デッドヒートブレイカーズ
ファミコン探偵倶楽部 PARTII うしろに立つ少女(前後編)
アライアンス・アライブ
桃太郎電鉄2017 たちあがれ日本!!

2018/06/22更新 (2018/06/21投稿分まで掲載)
レイトン ミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀

2018/06/21更新 (2018/06/20投稿分まで掲載)
ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者(前後編)

2018/06/20更新 (2018/06/19投稿分まで掲載)
名探偵ピカチュウ ~新コンビ誕生~

2018/06/18更新 (2018/06/17投稿分まで掲載)
ふぁみこんむかし話 新・鬼ヶ島(前後編)

2018/06/13更新 (2018/06/12投稿分まで掲載)
レゴ スター・ウォーズII

2018/06/11:レビュー募集を開始しました!
超回転 寿司ストライカー The Way of Sushido
2018/06/11更新 (2018/06/10投稿分まで掲載)
甲虫王者ムシキング グレイテストチャンピオンへの道DS

2018/06/04更新 (2018/06/03投稿分まで掲載)
アライアンス・アライブ
SIMPLE DSシリーズ Vol.29 THE スポーツ大会 野球・テニス・バレーボール・フットサル・ゴルフ

2018/05/22更新 (2018/05/21投稿分まで掲載)
ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

2018/05/21更新 (2018/05/20投稿分まで掲載)
ヘラクレスの栄光 〜魂の証明〜

2018/05/20更新 (2018/05/19投稿分まで掲載)
エクステトラ

2018/05/17更新 (2018/05/16投稿分まで掲載)
カルドセプトR リボルト

2018/05/14更新 (2018/05/13投稿分まで掲載)
メタルマックス2:リローデッド
サクラノート ?いまにつながるみらい?

2018/05/10更新 (2018/05/09投稿分まで掲載)
ケロケロ7

2018/05/05更新 (2018/05/04投稿分まで掲載)
ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王
エルミナージュ DS Remix 闇の巫女と神々の指輪

2018/05/01更新 (2018/04/30投稿分まで掲載)
フェアルーン2
スカイジャンパー ソル

2018/04/27:レビュー募集を開始しました!
ザ・デッドヒートブレイカーズ

2018/04/23更新 (2018/04/22投稿分まで掲載)
モンスターハンターダブルクロス

2018/04/20:レビュー募集を開始しました!
たのしく・おもしろく 漢検小学生
2018/04/20更新 (2018/04/19投稿分まで掲載)
フェアルーン

2018/04/19更新 (2018/04/18投稿分まで掲載)
とったどー!よゐこの無人島生活。

2018/04/13更新 (2018/04/12投稿分まで掲載)
クレヨンしんちゃん 激アツ!おでんわ~るど大コン乱!!

2018/04/11更新 (2018/04/10投稿分まで掲載)
真・女神転生IV
ピンチ50連発!!

2018/04/09更新 (2018/04/08投稿分まで掲載)
爆走デコトラ伝説 BLACK

2018/04/06:レビュー募集を開始しました!
かわいいペットとくらそう! わんニャン&アイドルアニマル